本社
〒604-8832
京都市中京区壬生下溝町35
久御山事業所
〒613-0023
京都府久世郡久御山町野村村東142
ISO品質
ISO環境
京都情報
お問合せ
よくある質問
Q.ねじの「呼び」とは何ですか?
A.ねじの形式、直径及びピッチを表す呼び記号。例えば、M10は外径が10㎜のメートル並目ねじ、M8*1は外径が8㎜、ピッチが1㎜のメートル細目ねじ、3/8-16UNCは外径が3/8インチ、25.4㎜についての山数が16のユニファイ並目ねじを表す。JISB0123参照。

Q.「管用ねじ(pipe thread)」について教えてください。
A.管、管用部品、流体機器などの接続に用いるねじで、テーパねじと平行ねじとがある。テーパーねじではテーパを1/16にとるのが普通。

Q.材料の機械的性質(mechanical properties)とは?
A.材料の機械的な特性、つまり弾性、非弾性反応、応力と歪み、弾性率、引張強さ、疲れ限界、硬さなどのように、力が加えられた場合に発生する材料の性質のことをいう。

Q.多条ねじ(multiple thread,multi-start thread)とは?
A.リードがピッチの2以上の整数倍に等しいねじのこと。

Q.塩水噴霧試験について教えてください。
A.めっきの耐食性を検査するために、材料の一定条件の食塩水噴霧中において腐食状態を調べる試験。(JIS Z2371)電気亜鉛めっきの塩水噴霧試験では,試料を塩水噴射箱中に入れ、塩化ナトリウム4~6W/V%溶液を48時間連続噴射(長時間連続できないときは8時間噴霧、16時間休止で行ってもよく、その場合の合計噴霧時間は当事者間の協定による)して、クロメート処理した表面に48時間以内に目視で容易に判別しうるような白色腐食生成物が生じてはならないとしている。試験に必要な装置は、噴霧室、塩水タンク、圧搾空気の供給機、噴霧ノズル、試験片支持機、室加熱設備、調節装置よりなっており、JISには試験装置その他について規定されている。